BRANDING MOVIE

DIGNA Classicは今年90年を迎えるパリミキ様が保有しているブランドです。
同社創業者の理念である「人々の幸せのため、明るい視生活のため」に基づき、人々のために精進してきました。その中でdigna classicは現社長である澤田氏が、素晴らしいメガネが多く作られた1930年代から50年代に影響を受けたブランドとして始めました。
過去の素晴らしいものを現代の技術で現代にあった形で蘇らせ、未来の人々に残していく。ブランド設立10周年を記念し、自社で継承された考えをDigna classic独自のものに乗せた90年の結晶とも言える思いを映像として発信することとなりました。登場人物の生き方にはDigna Classicのブランドとしての思いが投影されています。

ONES_story2.jpg

DIGNA CLASSIC ONE'S STORY Vol.1

 TAKESHI MAEJIMA

thumnail_2.jpg

DIGNA CLASSIC ONE'S STORY Vol.2

 YOSHIHIRO TATSUKI

​映像の説明

60年代のホンダの再生を主な仕事とする前島氏、長年写真家として一線で活躍する立木氏の生き方、仕事に対する姿勢や思いを表現したドキュメンタリーです。

動画を通じて伝えたかったこと

Diana classicは商品であるメガネの先にある、人々の豊かな生活を中心に考えているということ。登場人物がそれぞれの専門分野で未来を考え創作活動を行なっていることを通して、ブランドの持つ同じ思い、ものづくりを通して人々のより良い未来を願っていることを映像のメッセージとしています。

 

視聴者には映像から発信される思いに共感し、登場人物のような思いをもっと持ってもらえることを期待しています。人々がこれまで培った素晴らしいものを忘れず未来にあった形で残していくことの大切さを受け取り、また一人一人がそういった思いで活動することの大切さを受け取ってもらうこと、同じ思いで活動している企業やブランドを応援したくなるようにと願っています。

Copyright © 2018 KAWARA FILM

w_logo_wh.png
vimeo_icon.png
instagram_icon.png